親子農業食育教室の様子



第1回秋冬野菜を食べてみよう!!
12月14日

第2回お雑煮を作ろう!!
1月18日

第3回そば打ちをやってみよう!!
2月15日

第4回畑の除染をやってみよう!!
3月15日

第5回野菜の苗を植えてみよう!!
4月12日

第6回田植えをやってみよう!!
5月10日

第7回お豆腐を作ろう!!
6月14日

第8回夏野菜カレーを作ろう!!
7月19日

第9回菜種油絞り&BBQ!!
8月23日

第10回稲刈りをやってみよう!!
9月27日

第11回しいたけ農家見学!!
10月18日

第12回お味噌を作ってみよう!!
11月29日

親子農業食育教室チラシ(印刷してお使い下さい)


コンセプト

〜自分で育てて、自分で測って、調理して食べよう!!

 親子農業食育教室は震災による放射能災害の影響で、田畑が耕作されずに放棄されているのを見て、何とかして農業の復興ができないかを考えたことから始めました。

 福島県の相双地区は震災による原発事故によって放射性セシウムが広範囲に撒き散らされました。

 震災から4年が経ち、生活圏除染も始まっていますし、空気中の放射能の値は(空間線量率)も随分下がっています。

 しかし、詳しく調べてみるとやはりまだ震災から手をつけていない畑などの表土には放射性セシウムが止まっていると考えられています。

 農作物への不安や心配をなくすにはそうした表面に溜まっている放射性セシウムを取り除き、自分の手で測定や農作業をやってみるしかないと考えました。


第4回親子農業食育プリント抜粋

 そこで、私は昨年自分で小さな花壇を除染してナス、ピーマン、唐辛子、ジャガイモ、大根、白菜などの野菜を作る練習をしてきましたた。

 親子農業食育教室では南相馬サイエンスラボ敷地内のもう一つの花壇を同様に除染してきちんと測定してからそこで自分たちで野菜を育て、きちんと測って、調理して食べるという農作業を通して、震災からの農業復興には正しい理解と行動が大切であることを知ってもらうことを目指しています。

 正しく自分の目で見て自分の手や頭を使って体験を通して放射能災害からの復興について考えてみましょう。



大根を測ってみよう!!


浦上食品・食文化振興財団助成金


Since 2014.07.22
トップページに戻る

Copyright (c) Minamisoma Science Laboratory All Rights Reserved.